ゲド戦記 主題歌 挿入歌 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲド戦記 主題歌 挿入歌

今晩放送「ゲド戦記」の主題歌や挿入歌は、
色々な意味で当時話題になった歌ですね。
「ゲド戦記」で一躍有名になった「手嶌葵」は、
ほぼ無名の一歌手でした。
しかし彼女のデモCDを宮崎吾朗監督が耳にし、
その声に惚れ込んでしまったことから、
主題歌、挿入歌を歌うだけではなく、
ヒロイン「テルー」の声優までも任される大抜擢!

主題歌は、「時の歌 」…作詞:宮崎吾朗・新居昭乃、作曲:新居昭乃・保刈久明。
挿入歌は、「テル―の唄」…作詞:宮崎吾朗、作曲:谷山浩子、編曲:寺嶋民哉。
当時話題になったのは、
挿入歌の「テルーの唄」のほうです。
プロデューサーが「参考のために」と宮崎吾朗に渡していた、
萩原朔太郎の詩「こころ」に類似している点が多々有りました。

「ゲド戦記」は、
「指輪物語」や「ナルニア国物語」と並ぶ、
「世界3大ファンタジー」と言われています。
英題は「Tales from Earthsea」という小説だそうです。
この小説は、
1968年~2001年の30年以上執筆されたファンタジーです。
すごいですよね。
映画化のオファーも数回断られているようです。
2000年になってから、
ようやく許可が出てアニメ映画化に。
しかし、あらすじは原作の「ゲド戦記」とはかなり違っていたようです。

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/100-8b264f5b

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。