全開ガール 視聴率 3話 錦戸亮 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全開ガール 視聴率 3話 錦戸亮

今晩放送「全開ガール」の、
3話目の視聴率はどうなるでしょうか。
1・2話目の視聴率は、
14.6%→9.8%とちょっと下降状態?

「全開ガール」の3話目のあらすじはこちら。

鮎川若葉(新垣結衣)は、
依然、山田草太(錦戸亮)とのキスの記憶にとらわれていた。
一方の草太は、
若葉に突き飛ばされ鼻にケガを負い、
絆創膏を貼り保育園にやってきた。
それを見た林佐間男(荒川良々)らは若葉を訴えろ、
などと騒ぎはじめるが、
若葉は、刑法上、過失による暴行は処罰規定がない、と動じない。
そんな折、
若葉は大手商社で打ち合わせ中の桜川昇子(薬師丸ひろ子)に書類を届けることに。
昇子は、外国人CEOと談笑しながら、
桁違いに大きな交渉をしていた。
それを見た若葉は、
これが自分が目指す世界だと、目を輝かす。
と、昇子から、保育園の保護者役員会への代理出席を命じられる。
役員会に出席した若葉は、
花村うらら(皆藤愛子)から、
この日の議題が「泥んこ遊び」の是非を問うものだと聞く。
保育園では、園長の花村仁(竹内力)が「泥んこ遊び」を提唱してきたが、
近年保護者から中止を求める声が相次いでいた。

集まった役員からも、
中止に賛同する声が聞かれ、
反対したのは若葉と草太だけだった。
結果に納得がいかない草太は、
若葉に一緒に役員たちを説得して回ろう、
と声をかけるが、若葉はそれを拒否する。
そんな中、新堂響一(平山浩行)は、
若葉にあるトラブル処理を任せた。
例の大手商社が特許を取った商品でケガをした子供の親が怒っているのを収めろ、というのだ。
それを承知した若葉は、
事務所に来た母親に示談金を提示するという荒技に出た。
(ヤフーテレビガイドより)
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/109-f8bb50a6

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。