チーム・バチスタ3 視聴率 3話 あらすじ - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム・バチスタ3 視聴率 3話 あらすじ

今晩放送「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」の、
3話目の視聴率が気になりますね。
1・2話目の視聴率は、
14.2%→11.6%とまぁまぁ好調です。

「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」の3話目のあらすじはこちら。


友野(矢柴俊博)の死亡推定時刻の3時間後に、
友野の名でパソコンにログインした人物がいたことを突き止めた
田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)。
まもなく、
作業の記録からログインしたのは友野自身だったことに気づいた白鳥は、
死亡推定時刻が誤って鑑定されたのではないかと考える。
翌日、田口と白鳥は笹井(小西真奈美)を訪ね、
死亡推定時刻の鑑定を誤るケースは、
どのような理由からなのかを聞き出そうとする。
そのとき、
笹井は警察から依頼された遺体の司法解剖を行っていた。
遺体は殺害された可能性があったが、
解剖で一酸化炭素中毒による事故死と判明。
白鳥は笹井の言葉をヒントに、
友野の死因をガス中毒と推理。
原作本はこちら

ガス中毒はAiでCT画像を見ただけでは診断できず、
島津(安田顕)が異常を見つけられなかった可能性が高いのだ。
さっそく遺体発見現場のMRI室に向かった白鳥と田口は、
常備されている液体ガスがあることに気付く。
(ヤフーテレビガイドより)
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/112-1779b277

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。