妖怪人間ベム 実写 亀梨 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖怪人間ベム 実写 亀梨

日テレの10月期土曜ドラマは「妖怪人間ベム」ですね。
キャストには、ベム役 亀梨和也
ベラ役 杏、ベロ役 鈴木福、刑事役 北村一輝。
どのような実写になるんでしょうかね?

私が子供のころよく再放送していました。
ラストのシーンは今でもよく覚えています。
実写ドラマでは、どのような結末になるのか!
とても楽しみですね。

こちらは原作アニメの紹介です。
ドラマのネタバレ

妖怪人間ベムの無料動画はこちら

人間になりたくて、人間になれない。
宿命の生きものである
妖怪人間の魂の叫びが、闇を裂く。
正義のために戦う超能力を持つ人間を作ろうとして生まれた
妖怪人間のベム、ベラ、ベロ。
彼らは姿形こそ醜いが、
その心は平和を愛する正義の味方だった。
だが、
妖怪人間であるために人間から怖がられ、
彼らは警察から追われる身となってしまう。
※一部差別的な表現が含まれますが、
当時の資料のまま掲載しております。

・登場キャラクター紹介

1968年に話題となった怪奇アニメ。
「早く人間になりたい!」
ベム、ベラ、ベロ3人の妖怪人間たちは
いつかその夢がかなうことを信じて、
戦いを続ける。
旅先で出会うのは、
悪鬼やミイラや吸血鬼など怪物たち。
だが、
怖いのは怪物ばかりではない。
姿かたちの違う妖怪人間たちを恐れる人間たちも、
応分にひどい仕打ちをする。
だがどんなに悲しい目にあおうとも、
ベロたちは人間には決して手を上げない。
中には分かってくれる人も多くいるからだ。
戦いを通じて描かれるヒューマンなドラマが、
妖怪人間たちの秘めた心の純粋さを浮き彫りにするのが、
最大のみどころ。
彼らに恥じない人間性を自分ももっているのだろうか。
そんなことを考えさせられる作品だ
【アニメ評論家 氷川竜介】
(DMM.comより)
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/134-a4adb690

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。