身毒丸 名古屋 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身毒丸 名古屋

身毒丸の名古屋公演チケットが販売中ですね。

亡くなった母を思い街をさまよい歩く少年「とくしんまる」と、
”母”として少年の前に現れた女との複雑な愛と憎しみを描いた作品。

蜷川幸雄演出の舞台「身毒丸」(しんとくまる)。
憎悪と愛情が激しく折り重なる圧巻のステージ。

中世の説話『しんとく丸』と『あいごの若』をモチーフにしている。
母を売る店で買い求められた撫子と、
その義理の息子・身毒丸との宿命的な禁断の愛を描く。

今回身毒丸役に選ばれたのは、
新人の矢野聖人。
ホリプロ創業50周年記念事業のひとつとして行われたオーディションで選ばれました。
チケットぴあ
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/138-28257b88

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。