陽はまた昇る 原作 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽はまた昇る 原作

今晩放送「陽はまた昇る」の、
原作本の情報です。


6話目の視聴率はどうなるでしょうか。
1・2・3・4・5話目の視聴率は、
13.5%→9.5%→10.7%→10.9%
→10.2%平均視聴率は、11.3%です。
「陽はまた昇る」の6話目のあらすじはこちら。

警視庁警察学校の教官・遠野一行(佐藤浩市)の妻・奈津美(斉藤由貴)が
入院先から姿を消した。
犯罪者・安西雄哉(ARATA)の居場所を突き止め、
身柄を確保するためには、
奈津美の証言が必要…。
携帯電話の通話記録から、
遠野が奈津美に電話をかけていたことを知った警視庁捜査一課長・杉崎孝夫(六角精児)は、
遠野に事情聴取をしようとする。
だが、
事情聴取は任意のはずだ、
と言って何も答えない遠野。
そのころ、
奈津美は再び安西と合流していた。
ところがその矢先、
張り込み中の刑事に見つかってしまった安西は、
刑事の顔面を殴打。
そのまま奈津美とともに逃げてしまう。

その日、
遠野は教場(=クラス)で取調べの実習を行うことに。
警官殺しの被疑者を想定し、
実習を展開しようとする遠野。
とそのとき、
初任教養部長・簑島佐和子(真矢みき)が緊迫した表情で教室に入ってきた。
遠野は佐和子に連れられ、
校長室へ。
そこで彼を待っていたのは、
なんと杉崎だった!
安西が再び起こした事件を受け、
杉崎は校長の内堀清二郎(橋爪功)に、
遠野を本庁で事情聴取させるよう要請したのだ。
遠野はそのまま本庁に赴いて事情聴取を受けることに。
だが、
彼は何とも言えぬ不可解さを感じていた。
なぜ捜査一課長である杉崎が直々に自分を事情聴取するのか…。
しかも、
内堀はどういうわけか安西に興味を示している。
その理由は一体何なのか――。
一方、
遠野が連行される前に内堀と"ある事件"について話していた佐和子は、
その際に内堀が発した言葉にひどく心をかき乱され…!?

遠野教場の訓練生たちは遠野が連行される様子を見て胸騒ぎを覚えながらも、
助教・白石大地(波岡一喜)のもとで授業を続行することに。
なぜ捜査一課長が遠野を連れて行ったのか…
――動揺した宮田英二(三浦春馬)ら訓練生は授業に身が入らない。
そんななか無言を貫き、
何か考えている湯原周太(池松壮亮)。
英二はそんな周太の様子が気になり…。

得体の知れない運命の大きなうねりに飲み込まれ、
追い詰められていく遠野。
やがて彼は、
ひとりの夫として"ある決意"をする――!
(公式HPより)
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/153-c5b9577f

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。