チーム・バチスタ3 あらすじ 7話 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム・バチスタ3 あらすじ 7話

今晩放送「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」7話の、
あらすじはこちらです。
原作本はこちら


北山(尾美としのり)の自殺を暴かれた宇佐見(福士誠治)は
田口(伊藤淳史)を撃って逃走。
田口は重傷を負うが、
奇跡的に一命を取りとめた。
翌朝、意識を取り戻した田口を見舞った白鳥(仲村トオル)は、
銃弾が肩を貫通していたと聞き、
北山の事件に残されたある謎に気づく。
一方、容疑が晴れた島津(安田顕)はようやく開放されることに。
島津は「警察が無実の人間に頭を下げる日…」と、
今日が20年前の冤罪事件の再審判決が出る日であることを
斑鳩(高橋克典)に告げると、
「俺にも頭を下げろ」と謝罪を要求。
島津のただならぬ気迫から、
斑鳩の脳裏にある疑惑が浮かぶ。
まもなく、
20年前の事件の判決が出た。
犯人として逮捕された松崎行雄(六平直政)は“無罪"。
記者会見で謝罪を求められた斑鳩は、
事件の捜査責任者だった北山の自殺を涙ながらに告白。
誤ったDNA鑑定を信じたことを苦に命を絶ったと同情を誘い、
警察への追及をかわすことで謝罪を避ける。
その頃、
東城医大では白鳥が新たに浮上した謎を田口に明かしていた。
北山を撃った弾丸は、
なぜ貫通せず脳内に留まっていたのか?
「僕らはまだ100%の真実にはたどり着いてなかったのかもしれない」
と白鳥は謎の解明に乗り出す。
(YAHOOテレビGUIDEより)

7話目の視聴率が気になりますね。
1・2・3・4・5・6話目の視聴率は、
14.2%→11.6%→12.0%→11.3%
→12.5%→11.6%→13.5%で、
平均視聴率は12.4%ですね。

チーム・バチスタの栄光の平均視聴率13.2%
チーム・バチスタ2の平均視聴率14.3%

と前作・前前作にはあと一歩・・・
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/160-538fed55

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。