ドンキホーテ ドラマ 最終回 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドンキホーテ ドラマ 最終回

9月24日放送ドラマ「ドンキホーテ」の、
最終回はどうなるでしょうか?
こちらは、松田翔太初主演の映画です。

見どころ
次期総長選出まであと3日。
城田(松田翔太)は気をもみつつも、
ミネコ(小林聡美)の指示で新たな児童相談所の案件に取りかかる。
今回のケースは村上奈緒子(宮本裕子)と5歳の娘・香(遠藤璃菜)。
奈緒子は極度の潔癖症でウィルスや菌を恐れ、
香を学校に通わせていなかった。
ミネコは母子が月に一度病院に行くタイミングを狙って、
香を一時的に強制保護しようと考える。

いっぽう鯖島(高橋克実)は「極道かるた」で、
総長戦の決着をつけることになった。
かるたの得意な城田は鯖島たちを特訓し、決戦に望む。
鯖島たちは好戦するが、勝負は延長戦に。
だがあろうことか助っ人として参加した城田がフライングをしてしまう…。
このまま鯖島は総長戦に敗れてしまうのか?

そして、城田は、香を保護する作戦のため病院へ向かう。
が、香を連れ出そうとしたとき、奈緒子に気づかれてしまう。
城田たちは香に普通の生活をさせてやることができるのか?

果たして、城田と鯖島は入れ替わったまま終わるのか――?
(YAHOOテレビGUIDEより)
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/199-e5e14b30

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。