ランナウェイ 塚本高史 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランナウェイ 塚本高史

ランナウェイで塚本高史が脱獄犯を演じてますね。
世界ウルルン滞在記 Vol.4 塚本高史

世界ウルルン滞在記 Vol.4 塚本高史
価格:2,363円(税込、送料別)



11月24日放送分(第5話)
シュン(菅田将暉)がお金を埋めた、
最後の場所・名古屋を目指したアタル(市原隼人)達。
だが、公園だった場所は住宅地になっており、
埋めた場所には竹内家が建っていました。
そこで、アタルたちは清掃業者に変装し、
何とか竹内家に潜入する事に成功しますが、
なんとその家主は愛知県警の警察官でした。
警察官である夫は仕事で明後日まで戻らないと聞き、
空哉(上田竜也)の気転で妻の佳奈子(春木みさよ)を外出させます。
アタルを自分の夫と思い込んでいる
祖母・菊代(草村礼子)をアタルが外に連れ出し、
リュウ(塚本高史)・シュン・空哉で作業を始めます。
しかし、まもなく警察の手が迫り、
アタル達は窮地に追い込まれる事になって・・・
一方、アタルの幼なじみで
実は警視庁の捜査官である利夫(千葉雄大)は、
由紀(福田沙紀)に近づき警察だという事を隠して、
アタルの行動を引き続き探っていました。
また、5年前の事件を再調査している柳川(渡哲也)は、
殺された三沢刑事(池田政典)と闇の組織の関係に気づき、
捜査を続けていました。
さらに、アタルの娘・千春(篠川桃音)の
アメリカでの受け入れ病院が見つかりましたが、
一週間以内にデポジット料・五千万円を振り込まなければいけませんでした。
それを知ったアタルはついに・・・。
(公式HPより)
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/268-1405523b

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。