家政婦のミタ あらすじ 8話 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家政婦のミタ あらすじ 8話

家政婦のミタのあらすじ8話目です。


11月30日放送分(第8話)
三田(松嶋菜々子)の事を知りたい恵一(長谷川博己)と子供達は、
三田に声をかけてコミュニケーションを取ろうとします。
しかし三田は、
ことごとく拒絶し
「これからは業務命令以外で話しかけないでほしい」
と冷たく言い放ちます。
翔(中川大志)は、
三田が母の幽霊ではないかと言い出します。
希衣(本田望結)は三田に
「じゃんけんで負けたら自分の事を話してほしい」
という“業務命令”を出します。
しかし、何度やっても、
三田に勝つ事ができません。
さらに、海斗(綾部守人)がルービックキューブで、
翔がバスケットボールで勝負を挑みますが、
二人ともまったく歯が立たずに負けてしまいます。
そんな中、義之(平泉成)がケガをして病院に運ばれました。
うらら(相武紗季)から連絡を受けた恵一と子供達は見舞いに行きますが、
義之は養子の話を断った恵一や子供達を受け入れません。
結(忽那汐里)は義之と阿須田家が仲直りできるようにと、
三田にとんでもない依頼をします。
義之が退院し、
家族でお祝いの食事会を開く事になりました。
しかし、またしてもうららのミスでレストランが予約できずに、
家で出前を取る事になります。
子供達は、
三田の心を開こうと必死に訴えかけます。
希衣は三田にモナカを差し出します。
それを三田は、噛みしめるように食べました。
そして、ついに自分の過去を語り始めるのでした。
三田「こうして、私の人生から未来が消えました。」
まるで、
ダムが決壊したように溢れる想いを吐きだす三田。
家族はなぜ死んだのか?
三田が感情を失い、
笑わなくなった背景には、
どのような壮絶な過去があったのか・・・
(公式HPより)
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/269-33f20cc1

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。