ランナウェイ 熊田聖亜 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランナウェイ 熊田聖亜

ランナウェイ の熊田聖亜がでている


12月1日放送分(第6話)
シュン(菅田将暉)の埋めた金を、
アタル(市原隼人)、リュウ(塚本高史)、
空哉(上田竜也)と共に掘り起こし、
2億円の現金を手に入れる事に成功した。
娘を助けるため、
やっとの思いで由紀(福田沙紀)と会い、
手術のデポジット料の5千万円を渡そうとしたが、
シュンから渡されたカバンの中は現金ではなく紙切れが入っているだけでした…。
リュウ、空哉のカバンの中身も同様に紙切れだけでした。
もう時間がないと焦るアタル…
シュンの裏切りなのか…
再び合流したアタル・リュウ・空哉そしてサクラ(熊田聖亜)は、
シュンの出身地・山梨県勝沼へ向かいました。
しかし、シュンの実家の加賀美ワイナリーは五年前に閉鎖されていました。
アタル達は、
ワイナリーの元従業員に場所を聞き、
その廃ワイナリーへ行ってみる事に・・・。
そこにはシュンの姿が―
一方、5日以内に5千万円を振り込まないと娘の手術が受けられないと焦る由紀に、
幼なじみの利夫(千葉雄大)は、
由紀を励まし応援してくれていたのだが、
彼は、アタルを捕まえる為に由紀に近づいていた刑事だったのでした。
そんな事も知らず利夫を信じて疑わない由紀…
その事が、アタルをさらに窮地に追い込んでしまいます。
また、5年前の事件を再調査している柳川(渡哲也)は、
調査を進める内に警察内部のとんでもない事実を知る事になって…。
(公式HPより)
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/272-6e76f5a3

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。