家政婦のミタ 最終回 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家政婦のミタ 最終回

家政婦のミタが最終回を今夜迎えますね。


あらすじ 12月21日放送分(第11話)
阿須田家の子供達から
「お母さんになって」と懇願された三田(松嶋菜々子)が
「承知しました」と返事をした事を聞いた恵一(長谷川博己)は耳を疑います。
事実を確認しようとした恵一に
三田は署名・捺印済みの婚姻届を差し出します。
恵一はすぐに結婚は考えられなかったものの、
子供達の為にも「ずっと家にいて欲しい」と頼みます。
三田は、阿須田家の“母親”になりました。
喜ぶ阿須田家の子供達だったが、
三田は意外な行動をとり始めます。
そんな矢先、
恵一が食事中に倒れて入院してしまいます。
阿須田家は、
しばらく三田と子供達だけの生活になります。
一方、恵一の事を忘れたいうらら(相武紗季)は、
見合い相手(勝地 涼)との結婚を決意し、
結婚式の日取りまで早々に決めてしまいます。
そんなうららの前に三田が現れ、
自分が阿須田家の子供達の母親になった事を勝ち誇ったように告げます。
三田が母になって以来、
子供達の周りで不運な事が次々と起こり、
阿須田家には不穏な空気が漂います。
困惑を深める子供達は、
三田が家を乗っ取るつもりではないかと疑い始めます。
三田の真意とは一体何なのか?
そして、
阿須田家の人々との交流をきっかけに、
人間らしい感情を少しずつ表すようになった三田は、
最後に笑顔を見せるのだろうか?
(公式HPより)
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/276-39a5abd8

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。