最高の人生の終り方 あらすじ 1話 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高の人生の終り方 あらすじ 1話

あらすじ 1月12日放送分(第1話)
真人(山下智久)は葬儀店の次男ですが、
家業を嫌って家を出て飲食店チェーンの、
エリアマネジャーをしています。

母は中学生の時に他界し、
家族は父・浩太郎(蟹江敬三)、
妹・晴香(前田敦子)、
弟・隼人(知念侑李)、
妹・桃子(大野いと)、
異母兄・健人(反町隆史)の6人です。
ある日、
真人が叱りつけた店長・長田(設楽統)がビルから飛び降りて重体に陥り、
直後、晴香から浩太郎が倒れたとの連絡が入ります。
葬儀店を継いだはずの健人は家出していました。
病院に駆け付けた真人に、
浩太郎は葬儀店を閉めろと告げて息を引き取ります。
(YAHOOテレビGUIDEより)
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/278-8c7ad689

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。