ストロベリーナイト サントラ - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストロベリーナイト サントラ

ストロベリーナイトのサントラです

番組内容 3月20日放送分(第11話)
玲子(竹内結子)による、
高岡の実家付近への聞き込みで、
意外な事が判明しました。
今まで「高岡」だと思っていた人物は、
実は別人だったのです。
玲子は「高岡」が、
内藤和敏という男で、
全身麻痺で入院している20歳の内藤雄太(森義洋)の父親、
そして、内藤君江(南風佳子)の弟だと推測します。
13年前、地上げに巻き込まれて高岡賢一は自殺。
暴力団のフロント企業である中川建設は、
高岡の死が土地取引の障害になる為隠ぺいしたいと考えました。
その頃、自分の起こした交通事故で妻を死なせ、
息子を全身麻痺にした男がいました。
それが、建設作業員の内藤和敏(石黒賢)であった。
息子の入院費を工面できずに困っていた内藤に中川建設が近づき・・・。
中川建設は、自殺したのは高岡ではなく内藤であるかのように偽装。
内藤は、戸籍乗っ取りで
「高岡賢一」として生きていく事を決意したようです。
そして、この保険金詐欺により、
姉の君江に3000万の保険金を受け取らせ、
雄太の入院費にあてたようです。
おそらくこの保険金詐欺と戸籍乗っ取りのネタで、
内藤は木下興業の戸部真樹夫(池田鉄洋)に
脅迫されていたのだろうと思われました。
戸部が高岡(すなわち内藤和敏)を殺害したのだろうか?
戸部の行方は、今もって分からない。
多摩川で遺体の一部である、胴体が発見されました。
胴体のDNAが「高岡」の左手首のものと一致したが、
玲子は胴体が「高岡」のものではないと推理します。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/286-eef780ac

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。