37歳で医者になった僕 主題歌 第3話 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

37歳で医者になった僕 主題歌 第3話

37歳で医者になった僕の主題歌は、
サカナクションの「僕と花」
サカナクション / 僕と花 【CD Maxi】

サカナクション / 僕と花 【CD Maxi】
価格:1,200円(税込、送料別)


番組内容 4月24日放送分(第3話)
名刺を配り始めた祐太(草ナギ剛)は、
患者達の人気者になります。
そんな折、祐太は、
中島(鈴木浩介)と新見(斎藤工)が末期の膵癌患者・木島啓一(甲本雅裕)に、
転院を勧めようとしている事を知ります。
回復の望めない治療を続けるより、
ホスピスで最期のケアを受けさせるべきというのです。
しかし中島らの本当の意図は、
助からない患者を追い出してベッドの稼働率を上げる事でした。
木島に治る見込みはないと宣告し、
転院に追い込もうとする新見に反発した祐太は、
独自に転院先を見つけようと決意します。
膵癌治療に実績のある病院を探す中、
癌治療の新薬の存在を知り、
木島に投与を提案したいとカンファレンスで発言します。
しかし、その新薬は副作用も強く日本では未認可です。
瑞希(水川あさみ)の母校の大学病院で行われている治験では、
効果が出ず死亡する例もありました。
中島らはリスクが高すぎると反対するが、
佐伯(松平健)の反応は意外なものでした。
「使うかどうかは患者が決める事」と、
木島の意思を聞くよう祐太をうながしたのです。
そしてこの後、
木島に投与を提案した祐太は
「紺野さんが『治る』と言ってくれるなら使う」と言われて言葉に詰まります。
(YAHOOテレビGUIDEより)
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/304-fcffe230

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。