37歳で医者になった僕 主題歌 第5話 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

37歳で医者になった僕 主題歌 第5話

37歳で医者になった僕の主題歌は、
サカナクションの「僕と花」
サカナクション / 僕と花 【CD Maxi】

サカナクション / 僕と花 【CD Maxi】
価格:1,200円(税込、送料別)


番組内容 5月8日放送分(第5話)
谷口(桐山漣)が看護師に薬の処方を指示する時、
新見(斎藤工)から伝えられた誤った分量をそのまま指示するミスが発生します。
直美(真飛聖)が間違いに気づいて大事には至りませんでしたが、
谷口と新見が看護師にミスの責任をなすりつけ、
一方的にナースのミスにされてしまいます。
結果、谷口と直美は険悪なムードになってしまいます。
直美は看護師がミスを押しつけられる事は、
日常茶飯事だと祐太(草ナギ剛)に話し、
医師への不信感を露わにしました。
大病院では、
医師と看護師の間には目に見えないヒエラルキーが存在する、と言います。
去り際に直美は、
祐太の担当患者に肺炎の兆候がある事を告げます。
そんな折、直美の娘・葵(大出菜々子)が病院にやって来ました。
葵は直美の離婚した夫に引き取られていましたが、
再婚を決めた父親に反発して家を飛び出してきたようです。
困り果てた直美は、
研修医のいる医師控え室に預ける事に。
下田(八乙女光)や谷口は迷惑顔。
瑞希(水川あさみ)はまだ11歳ながら小生意気な葵にあ然とするばかり。
一方、直美の指摘のおかげで患者の肺炎を発見できた祐太は、
改めて看護師の重要性を認識し、
日頃から患者の状態をつぶさに観察している看護師と、
連携する重要性を痛感します。
そこで祐太は、
直美に頼み込んでカンファレンスに出席させ、
佐伯教授にある提案をするのですが・・・。
その結果で直美と祐太の間にも深い溝が生まれてしまう事になります。
(YAHOOテレビGUIDEより)
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/309-3c15a2a1

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。