鍵のかかった部屋 嵐 第5話 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵のかかった部屋 嵐 第5話

鍵のかかった部屋 嵐
嵐 Face Down フェイスダウン 初回限定盤 新曲CD+DVD

番組内容 5月14日放送分(第5話)
榎本径(大野智)は、
ある新築の家で起こった死亡事件現場にやってきました。
その家は、高校教師・杉崎(新井浩文)が結婚を機に建てたものですが、
引き渡し直後に起こった震度4の地震で大きく歪んでしまいました。
杉崎は施工会社に手抜き工事だとクレームをつけ、
社長の竹本(田窪一世)が補修工事を請け負う事になりました。
その下見の最中に、
竹本が亡くなったのでした。
榎本を呼んだのは、
青砥純子(戸田恵梨香)でも芹沢豪(佐藤浩市)でもなく、
刑事・鴻野(宇梶剛士)でした。
榎本の知識や能力を見て協力を依頼したのでした。
現場には、
現在手がけている買収契約に施工会社が関係していた芹沢と、
偶然、榎本と行動をともにしていた純子も集まりました。
遺体発見現場のリビングも、
大きく歪んでいました。
ドア枠も歪みまともにドアが開閉できない状態でした。
窓は完全に施錠されていた為、
逃走経路に使えた可能性があるのは廊下側のドアだけですが、
歪んだドアを閉めるには、
内側からある一定の場所を何度も強い力で叩く必要がありました。
しかし、閉めてしまえば開けることは困難で、
仮に殺人だったとしても犯人は部屋に閉じ込められる事になります。
この部屋は密室だったのか?と尋ねる純子に、
榎本は部屋にもうひとつの開口部があるので断定できないと言いました。
その穴とは、
リビングの壁に開けられたエアコンのダクト用の穴でした。
その穴を使い、
外からドアを閉めることが可能なのか?
榎本は考え込みます。
(YAHOOテレビGUIDEより)

概要
貴志祐介の人気小説
「鍵のかかった部屋」、
「硝子のハンマー」、
「狐火の家」
の3部作に収録されているエピソードを、
1話完結の連続ドラマ形式で映像化です!
“月9”初主演の嵐・大野智が防犯オタクの主人公に扮し、
さまざまな密室事件を解明していく本格ミステリーです。
大野は「今までに全く経験した事がない役どころなので、
頑張ります。密室で僕と会おう!」と、
意気込みを披露しました。
また、大野の相棒となるヒロインの弁護士役を、
戸田恵梨香が演じます。
アッと驚く密室トリックの謎と、
大野演じるちょっと風変わりな個性派ヒーローの活躍に注目です。
(YAHOOテレビGUIDEより)
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/311-5e80b923

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。