37歳で医者になった僕 主題歌 第6話 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

37歳で医者になった僕 主題歌 第6話

37歳で医者になった僕の主題歌は、
サカナクションの「僕と花」
サカナクション / 僕と花 【CD Maxi】

サカナクション / 僕と花 【CD Maxi】
価格:1,200円(税込、送料別)


番組内容 5月15日放送分(第6話)
瑞希(水川あさみ)と谷口(桐山漣)が、
ショッピングモールで男性が倒れる現場に出くわしました。
瑞希はすぐに応急処置を行いますが、
谷口は手をこまねいておろおろするばかりです。
その様子を撮影したネット動画が公開された事から、
谷口の失態は広く知れ渡ってしまいます。
新見(斎藤工)に「恥さらし」と叱責され、
医大の学生からも、
「仕事ができない」とバカにされて落ち込む谷口。
そんな谷口を心配した祐太(草ナギ剛)はなだめようとしますが、
「僕は紺野先生みたいに立派な人間じゃない」と反発され、
とりつく島もありません。
そんな折、病院にやってきた清掃業者の中に、
倉田誠(浅利陽介)の姿を見つけた祐太は、
過去の苦い出来事を思い出してハッとなります。
その翌日、『紺野祐太先生は人殺し』と書かれた怪文書が、
院内のいたるところに撒かれました。
すず(ミムラ)の為に、
医者になったと思われていた祐太であったが…。
彼が、37歳で医者になった本当の理由が明らかになります。
(YAHOOテレビGUIDEより)
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/312-f96bab62

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。