Wの悲劇 主題歌 4話 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wの悲劇 主題歌 4話

Wの悲劇の主題歌は?

あらすじ 5月17日放送分(第4話)
摩子(武井咲)を装うさつき(武井=2役)は、
和辻家で衝撃的な出来事に巻き込まれますが、
みね(野際陽子)や与兵衛(寺田農)の主治医・間崎(高橋一生)らが、
摩子のために動きます。
さつきは、一族に愛される摩子と、
孤独に生きてきた自分とのあまりの違いにいら立ちます。
一方、弓坂(桐谷健太)はある可能性を探る為に、
春生(松下由樹)を訪ねます。
そんな弓坂の元に、
さつきのアリバイを証明した写真に写っていた男の身元が判明した、
との連絡が入ります。
(YAHOOテレビGUIDEより)

概要
1982年に刊行された夏樹静子の大ヒットミステリーが、
初の連続ドラマ化です。
主演に武井咲を迎え、
原作を大胆にアレンジした斬新なスタイルで現代に蘇ります。
大富豪の家で何不自由なく暮らす令嬢と、
親もなく孤独と貧乏の中で生きるショーパブのダンサー。
瓜二つの風貌を持つ2人のヒロインを1人2役で演じる武井は、
「自分の演技の経験値を試されている様な気がしますが、
ひとつの作品で2人を演じられるのは楽しみです」
と意気込みを語っています。
精緻なサスペンスの世界で、
武井が「純白でピュアな顔」と
「スキャンダラスな悪の顔」を、
どう演じ分けるのか目が離せません。
(YAHOOテレビGUIDEより)
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/313-b6d222f4

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。