三毛猫ホームズの推理 あらすじ 第6話 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三毛猫ホームズの推理 あらすじ 第6話

三毛猫ホームズの推理 あらすじ4話目
そして、主題歌は、嵐の、your eyes ですよ
[CD] 嵐/Your Eyes【初回限定盤/CD+DVD】

[CD] 嵐/Your Eyes【初回限定盤/CD+DVD】
価格:1,323円(税込、送料別)


内容 5月19日放送分(第6話)
刑事生活最後の事件として、
奇妙な連続殺人事件を追う義太郎(相葉雅紀)。
謎が深まる中、
義太郎の辞職の日が近付き、
義太郎は捜査から外されてしまいます。
義太郎に急接近してきた八王子南署の刑事・旬子(吉瀬美智子)は、
プロポーズを決意した義太郎との待ち合わせの場所に現れず、
そのまま姿を消します。
恋に破れ、
刑事生活最後の事件にも行き詰まった義太郎は、
すっかり落ち込んでしまいました。
容疑者・久保山(赤木伸輔)の家を調べ様としていた所、
殴られて気を失った晴美(大政絢)。
石津(大倉忠義)が倒れている彼女を発見し、
大事に至らずに済みます。
晴美の身が心配で事件から手を引こうと考える義太郎に対して、
晴美はさらに事件解決への意欲を燃やします。
片山家の捜査会議では、
旬子が事件のカギを握っているのではないかという疑いが強まります。
しかし、義太郎にはどうしても、
旬子を疑うことができません。
そんな義太郎を見かねたホームズ(マツコ・デラックス)は、
八王子に行くと言い出します。
一方、晴美と石津は、
すべての事件現場に残されていた写真に写っている女性・ゆかり(肘井美佳)と、
久保山の接点を突き止めます。
義太郎はホームズの指示に従って八王子へ向かい、
ある高校にたどり着きます。
そこは、久保山と被害者達が、
かつて通っていた学校でした。
そのとき、義太郎とホームズの前に旬子が現れ…。
連鎖する連続殺人事件の真相が明らかに。
義太郎を翻弄する旬子の正体とは?
そして、義太郎はこの事件を最後に、
刑事を辞めてしまうのでしょうか?
(YAHOOテレビGUIDEより)
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/314-43a0f409

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。