37歳で医者になった僕 主題歌 第10話 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

37歳で医者になった僕 主題歌 第10話

37歳で医者になった僕の主題歌は、
サカナクションの「僕と花」
サカナクション / 僕と花 【CD Maxi】

サカナクション / 僕と花 【CD Maxi】
価格:1,200円(税込、送料別)


番組内容 6月12日放送分(第10話)
急死した伊達(竜雷太)に誤診があったのではないかという由美恵(田島令子)に対し、
中島(鈴木浩介)らは“伊達が検査を拒否していた為に病気の発見が遅れた"と説明します。
病院側に落ち度は無いと主張します。
一方、祐太(草ナギ剛)ら研修医達は、
佐伯(松平健)の医療ミスを疑っていました。
そんな中、下田(八乙女光)が辞表を提出します。
伊達の担当医として「ちゃんとケリをつけたい」と病院を去ります。
祐太は、佐伯に入院中のすず(ミムラ)を盾にされて、
動きを封じられている為何もできず、
下田にかける言葉が見つかりません。
さらに、尊敬していた森下(田辺誠一)が「佐伯の後継者」で、
祐太の口を封じようとした事にショックを受け、
混乱していました。
下田は由美恵に会い、
裁判で佐伯の医療ミスを証言すると約束します。
研修医仲間にも、
もう医者を続ける気はないと、
その決意を伝えます。
医者の将来を捨ててまで自分の正義を貫こうとする下田の勇気に心を揺らす祐太は、
そんな心の葛藤をすずに悟られまいとしていました。
そんなある日、
瑞希(水川あさみ)はすずから「転院したい」と打ち明けられます。
そしていよいよ、
佐伯の医学部長選挙の日がやってきました。
(YAHOOテレビGUIDEより)
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/320-81cb16ae

まとめtyaiました【37歳で医者になった僕 主題歌 第10話】

37歳で医者になった僕の主題歌は、サカナクションの「僕と花」サカナクション / 僕と花 【CD Maxi】価格:1,200円(税込、送料別)番組内容 6月12日放送分(第10話)急死した伊達(竜雷太)

2012-06-11 13:29 | from まとめwoネタ速neo

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。