レジデント 仲里依紗 2話 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジデント 仲里依紗 2話

レジデントの主役は、
仲里依紗/美山しずく役
大学附属病院救命救急センターに勤務する1年目の研修医です。

開業医の父に反発して奨学金で医学部を卒業し研修医となりますが、
過酷な現実に戸惑います。
趣味はボクシングで、
時間があればジムでスパーリングをしています。
年齢は24歳。

あらすじ 10月25日放送分(第2話)
真中(増田貴久)が担当した沢田(平泉成)が、
帰宅後に急変し搬送されてきました。
腹部大動脈瘤(りゅう)破裂でした。
責任を感じた真中は、
術後の担当を希望しますが認められません。
しずく(仲里依紗)らは、
自分達の仕事の責任の重さを改ためて感じます。
そんな中、
研修医5人のチーム分けが発表になります。
陽菜子(大政絢)は、
弥生(須藤理彩)のチームに配属され不満顔です。
一方、矢沢(林遣都)は、
しずくが宮島(小澤征悦)のチームに指名された事に納得がいきません。
(YAHOOテレビGUIDEより)

ストーリー
開業医の家に生まれた美山しずく(仲里依紗)は、
長男である出来の悪い双子の弟に代わって医学部を目指します。
だが、父には「女のお前に期待したことはない!」と言われ、
親の援助を受けずに奨学金を受けて医学部に入学します。
国家試験に合格したしずくは、
1年目の研修医として大学附属病院のいくつかの診療科を回った後、
救命救急センターに配属されます。
そこにはしずくのほか、
矢沢圭(林遣都)、
真中潤一(増田貴久)、
小岩井陽菜子(大政絢)、
新城紗知(石橋杏奈)ら4人の研修医がいました。
それぞれに問題を抱える5人の若き研修医達は、
救命医療の厳しい現実に直面し、
悩みながらも成長していきます。
(YAHOOテレビGUIDEより)
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/340-6cf826a2

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。