MONSTERS 香取慎吾 3話 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MONSTERS 香取慎吾 3話

MONSTERS 香取慎吾が主役を演じます。
香取慎吾/平塚平八役
セコくて姑息、
細かいことにうるさく無礼だが、

言葉遣いだけは誰にでも極端に紳士的な警視庁一変わり者の刑事です。
捜査一課内では誰も下につきたがらない嫌われ者だが、
なぜか次々と事件を解決してしまいます。
口グセは「ほおー」、「そのまま、そのまま」。

あらすじ 11月4日放送分(第3話)
空前のミステリーブームに沸く出版界。
発表が迫る出版界を代表する成木賞の受賞有力候補は、
ブームの影響も有り2人のミステリー作家に絞られつつありました。
そんな中、
ミステリー作家の島村勉(小林隆)が突然殺害されます。
島村はかつて、
成木賞の受賞有力候補の1人、
篠田恭四郎 (中村橋之助) とコンビを組んでいた人物でした。
捜査が進む中で、
平八 (香取慎吾) と 西園寺 (山下智久) のコンビは、
受賞候補の2人、
篠田恭四郎と矢崎健吾 (白井晃) と、
編集者・相沢新一 (内倉憲二) に接触を図り、
事件の手がかりを探っていきます。
金田班も現場に残された証拠を基に犯人候補の洗い出しに動きますが、
有力な手掛かりは一向に見つかりません。
捜査を進める平八が、
犯人を特定する為に目を付けたのは、
現場に残された凶器と、
意外な「 あるもの 」でした。
(公式HPより)
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/347-d1fea702

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。