毒(ポイズン) 小説 第7話 - バスマサの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒(ポイズン) 小説 第7話

毒(ポイズン)の小説を読んでみませんか?
ドラマのネタバレですね。
原作 赤川次郎 毒(ポイズン)
【送料無料】毒 [ 赤川次郎 ]

【送料無料】毒 [ 赤川次郎 ]
価格:540円(税込、送料別)



あらすじ 11月15日放送分(第7話)
保険会社の営業所勤務の大樹(五十嵐隼士)は、
所長・詩織(伊藤裕子)の営業記録を更新します。
大樹は事務員・京子(原幹恵)と婚約しており、
早く結果を出し本社に戻りたいと考えていました。
だが、詩織は大樹を目の敵にし、
コーヒーをスーツにかけたり飲めない酒を強要する等、
しつこいパワーハラスメントを繰り返していました。
そんなある日、
大樹の目の前に松井(綾部祐二)が現れ、
究極の毒薬の説明をすると、
薬の瓶を渡し去っていきます。
(YAHOOテレビGUIDEより)

ストーリー
「飲むと24時間後に死に至り、決して検出されない毒」
ネット上では、
完全犯罪を可能にする毒薬が話題になっていました。
東欧の大学でその薬を開発したという“松井教授”の経歴は一切不明です。
彼について分かる事は、
ネット上の不鮮明な画像に写る、
手の甲に刻まれた数字の傷くらいでした。
消息を絶ったとされている話題の主、
松井教授こと松井十一(綾部祐二)は、
トラブルを抱え追い込まれた人々の前に現れては、
毒薬を手渡していました。
「使うか使わないかは、あなたの自由です」
そう松井に告げられた人々は、
悪魔の毒薬を手に、
決断を下していきます。
そんな中、
警視庁捜査一課の刑事・笹本直美(臼田あさ美)は、
噂の毒薬と松井を追いかけますが…。
(YAHOOテレビGUIDEより)

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://bassmasa0.blog.fc2.com/tb.php/356-08c6910a

借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。